並列可視化

可視化ソフトウェアParaViewの並列可視化は、クライアント・サーバ方式により実現します。ここで、クライアント・サーバ方式とは、複数サーバで並列に処理した可視化結果を、クライアント側で閲覧する方式で、大規模なデータを高速に可視化したいときに適しています。

クライアント・サーバ方式

以下では、例として

  • クライアント・サーバ:Windows 10 PC
  • データ/レンダー・サーバ:CentOS release 6.6

を使用した場合について、クライアント・サーバ方式の設定を説明します。

ParaViewのインストール

クライアント・サーバ方式では、クライアント側とデータ/レンダー・サーバ側に、同一バージョンのParaViewをダウントード・インストールする必要があります。

ParaViewのダウンロードサイトから、対応すプラットフォームの最新版をそれぞれ、ダウンロードしインストールします。

まず、クライアント側のWindowsサーバーに、ParaViewをインストールします。

下図のWindows版をダウントードし、ダウンロードされたexeを実行することで、そのままインストールすることができます。

ParaViewインストール:Windows

 

次に、データ/レンダー・サーバ側にLinux版のインストールを行います。

下図のLinux版をダウンロードし、適当な場所に展開します。(良いグラフィックカードが搭載されていれば、osmesa版(ソフトウェアレンダリング版)でなくてもよいです)

ParaViewインストール:Linux

  展開し、ParaView-5.6.0-osmesa-MPI-Linux-64bit/binのなかに

  • hydra_pmi_proxy
  • mpiexec
  • pvbatch
  • pvdataserver
  • pvpython
  • pvrenderserver
  • pvserver

があることを確認ください。

なお、CentoOS以外のディストリビューションを使用する場合は、クライアントにインストールしたParaViewと同じバージョンのParaViewをレポジトリからインストールする必要があります。もし、レポジトリに無い場合は、ソースコードからコンパイルし直す必要があるかもしれません。

Pvserverの起動

クライアント・サーバ方式を実現するためには、以下のようにして、データ/レンダー・サーバ上でpvsererを起動する必要があります。

1. データ/レンダー・サーバにインストールしたParaviewのbinフォルダに移動します。

 $ cd  (展開したパス) /ParaView-5.6.0-osmesa-MPI-Linux-64bit/bin

2. 並列するプロセス数を指定して、pvserverを以下のコマンドで起動します。以下は、8 cpuで起動した例です。

 $ ./mpiexec -np 8 ./pvserver --force-offscreen-rendering

3. 下記のようなログが表示されると、pvserverが正しく起動したことを意味ます。

 $ ./mpiexec -np 8 ./pvserver --force-offscreen-rendering
 Waiting for client..
 Connection URL: cs://everest.astea.rccm.co.jp:11111
 Accepting connection(s): everest.astea.rccm.co.jp:11111

クライアント・サーバからデータ/レンダー・サーバへの接続

次に、クライアント・サーバからデータ/レンダー・サーバへの接続する手順を説明します。

1. クライアント・サーバ(ここではWindowsマシン)でParaViewを起動します。ParaViewが起動しますと、下図のようが画面が立ち上がります。

ParaViewの起動画面

  2. "Connect"アイコンをクリックしますと、"Choose Server Configuration"窓が起動します。

Choose Server Configuration

  3. [Add Server」ボタンをクリックすると、"Edit Server Configuration"窓が起動します。

edit_from_add_server_btn

  4. "Edit Server Configuration"のNameとHostにpvserverを起動しているサーバ名を入力し、「Configure」ボタンを押します。

edit_server_configuration

  注意:Hostに入力した名称が名前解決されず接続できない場合は、Hostに直接、サーバのIPアドレスを記入します。

なお、サーバ名でそのサーバに接続できるかは、コマンドプロンプトからpingコマンドを実行してエラーが出ないかを確認します。

 $ ping サーバー名

5. "Edit Server Launch Configuration"では、そのままの設定で「Save」します。

launch_config_save

  6. 登録したサーバを選択し、「Connect」ボタンを押し、データ/レンダー・サーバに接続します。

connect_server

  接続が上手くいくと、Pipeline Browserに指定したデータ/レンダー・サーバ名が表示されます。

connected_server

  以上で、データ/レンダー・サーバにあるデータを可視化した結果を、クライアント側で描画することができます。


添付ファイル: fileparaview_launch.png 76件 [詳細] fileparaview_download_win.png 77件 [詳細] fileparaview_download_linx.png 67件 [詳細] filelaunch_config_save.png 71件 [詳細] filelauch_choose_server_config.png 70件 [詳細] fileedit_server_configuration.png 72件 [詳細] fileedit_from_add_server_btn.png 65件 [詳細] fileconnected_server.png 73件 [詳細] fileconnect_server.png 65件 [詳細] fileclient_server.png 75件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-02-22 (金) 13:09:46 (146d)