円筒型のセグメンテーション

3D Slicerのセグメンテーションにおいて、画像を貫く円筒型のセグメンテーションを作成したい場合があります。

以下では、その方法を説明します。

Segment Editorを開く

セグメンテーションを行うためには、画像データ(Volume)を読み込んだ後に、Segment Editorを開きます。

Segment Editorは、下図のアイコン①をクリックします。

 Segment Editorを開く

上面と下面に円セグメント作成

まず、円筒のセグメントとなるセグメント・グループをAddします。

 addボタンをクリック

次に、Effectsにおいて、Paint①を選択します。

円筒の上面・下面は、ビューアのR, G, Yで決めます。(ここでは、Rビューアを使用しています)

ビューアのつまみ②を右に移動し、画像の上面に移動します。

 Paintエフェクト

Paintは円形のブラシです。(球面でマスクしたい場合は、Sphere brushにチェックを入れますが、円形にしたいのでチェックを入れないでください)

円の半径は、ビューア上にカーソルを移動してから、"Shitキー"+"マウスホイール"か"Shiftキー"+"+/-キー"を使うと変更し易いです。

円の中心はカーソルの位置となりますので、Data Probeで確認して、書き留めておきます。ここでは、(50, 50)としています。

左クリックすると決定され、セグメントで指定された色でマスクされます。

 上面の円セグメント

続けて、下面に移動して、同じ中心、同じ半径の円でセグメントします。

 底面の円セグメント

円筒セグメント作成

最後に、既に作成した上面と下面の円セグメントから、円筒セグメントを作成します。

このためには、EffectsFill between slices①をクリックします。

それから、Initialize②してから、Applyします。

 Fill_Between_Slices

  

 Fillの適用

以上の操作により、円筒型にマスキングできました。


添付ファイル: fileupper.png 27件 [詳細] fileselect_paint.png 24件 [詳細] fileopen_segment_editor.png 22件 [詳細] fileFill_Between_Slices.png 23件 [詳細] filebottom.png 22件 [詳細] fileapply_fill.png 23件 [詳細] fileadd_button.png 25件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-27 (月) 17:32:35 (65d)