操作の記録

可視化ソフトウェアParaViewでは、可視化した時の操作をPythonスクリプトに記録することができます。

可視化操作を記録しておくと、繰り返しの多い操作や、同一の可視化結果を再現したいときに役立ちます。

また、Pythonスクリプトを編集することで、可視化操作を自動化できるようになります。

操作の記録

可視化操作を記録する場合は、下記の2通りの方法があります。

  • Start Trace機能の使用
  • StateファイルをPython形式(*.py)で保存

※ Start Trace機能を使用すると、余計な操作も保存され、スクリプトが複雑になります。これを避けたいときは、StateファイルをPython形式(*.py)で保存するとよいでしょう。

Start Trace機能

Start Trace機能は、下記のように記録の開始と終了をし、操作を記録します。

  • 記録開始:Tools > Start Trace
  • 記録停止:Tools > Stop Trace

StateファイルをPython形式(*.py)に保存

Stateファイルに保存する場合は

 File > Save State...

から、拡張子に"Python state file(*.py)"を選択し、保存します。

操作の再現

スクリプトに記録した操作を再現するためには、下記の方法があります。

  • Python Shellの"Run Scrip"から実行
  • pvpythonで実行

Python Shellの"Run Scrip"

"Python Shell"は、下記のように、ParaViewのGUIから開くことができます。

 View > Python Shell

"Python Shell"が開いたら、"Run Script"ボタンを押し、操作を記録したPythonスクリプトを指定します。

pvpython

pvpythonはParaViewの操作をコマンドプロンプト(Windows)やシェル(Linux等)から実行する際に使用します。

実行方法は、下記のようなコマンドで操作を記録したPythonスクリプトを指定し、実行します。

 > pvpython aaa.py

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-01-14 (木) 17:11:35 (48d)