時間ステップ間の差を取る

可視化ソフトウェアParaViewを使用して、ある時間ステップの値との差を取ることができます。

ここでは、時間ステップtの値を時間ステップ0の値の差を取る例で説明します。

データの読み込み

最下部のlang_g_ext.eをダウンロードし、"Open"アイコンをクリックして読み込みます。

変数を全てチェックを入れ、"Momentum"で色付けすると以下のようになります。

read data

Force Timeフィルター

次に、時間ステップ0のデータを固定するために、Force Timeフィルターを起動します

 Filters > Temporal > Force Time

固定する時間ステップは、"Forced Time"で指定します。ここでは、0とし、"Apply"します。

force_time_filter

Python Calculatorフィルター

差を取るために、"Python Calculator"フィルターを使用します。

まず、Pipeline Browser上で、"Ctrlキー"を押しながら、①、②の順にクリックして、データを選択します。

select data

次に、"Python Calculator"フィルターを起動します。

 Filters > Alphabetical > Python Calculator

Expressionに

 inputs[1].PointData['Momentum']-inputs[0].PointData['Momentum']

Array Nameに

 Momentum_net

と記入し、"Apply"します。

"Momentum_net"で色付けし、時間ステップを進めると、各時間ステップと時間ステップ0でのMomentumの差を見ることができます。

select data

ダウンロード

サンプルファイル


添付ファイル: fileland_g_ext.e 174件 [詳細] filepython_calculator.png 159件 [詳細] fileselect_data.png 146件 [詳細] fileforce_time_filter.png 155件 [詳細] fileread_data.png 179件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-24 (月) 09:46:21 (417d)