球面に地球の画像を貼る

可視化ソフトウェアParaViewで、地球を表現するには、テキスチャーマッピングの機能を使用して、球面に地球の画像を貼りつけます。

この記事は、 Using an earth texture as backgroundを参考にしています。

地球画像の用意

まずは、地球の画像を用意します。

NASA visible earthから、NASA Blue Marble画像をダウンロードします。

例えば、 December, Blue Marble Next Generation w/ Topography and Bathymetry の5400 x 2700 2MB-JPEGをダウンロードします。

この画像をそのまま、球面に貼ると上手くいきません。そのため、Imagemagicなどで、以下の加工を画像に施します。

  • 垂直方向のフリップ
  • 画像中央で切断し、左右2枚の画像を作成し、2画像の位置を交換
  • 2画像をマージして底面のノイズを除去

Imagemagickでのコマンドは以下の通りです。

 convert -flip -crop 50%x100% filename.png converted.png
 convert converted-1.png converted-0.png +append outfile.png
 変換前後

球面の作成

次に、ParaViewで球面を作成します。

 Sources > Sphere
  • 詳細設定に切り替え
  • 半径:1, Theta ResolutionとPhi Resolution:50、Start Theta: 1e-5
  • Applyボタン

  

 sphere

球面半径は、所望の値を入れても問題ありません。ただし、地球の画像を貼ったときにつなぎ目がおかしいくなるときは、Start Thetaの値を調整する必要があります。

テキスチャー座標の計算

次は、作成した球面に画像を貼りつけます。

球面に画像を貼りつけるには、画像を貼るための座標が必要です。これを計算するには、"Texture Map To Sphere"を使用します。

 Filters > Alphabetical > Texture Map to Sphere
  • Prevent Seamをオフ
  • Apply
 texture_map_to_sphere

地球画像の貼り付け

最後に、画像を球面に貼り付けます。

Pipeline Browserで、上記で作成したTextureMaptoSphere1を選択し、 "Propoerties"タブに、ある"texture"から、作成した地球の画像を"Load"します。

こうすると、以下のように球面に地球が貼られます。

 texture

添付ファイル: filesphere.png 22件 [詳細] filetexture_map_to_sphere.png 17件 [詳細] filetexture.png 18件 [詳細] fileconverted_earth.png 21件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-02-17 (水) 13:47:58 (55d)