色付けの最小値・最大値

可視化ソフトウェアParaViewでは、コンター図などで色付けする際の値の範囲はデータに含まれる最小値・最大値が自動的に設定されます。

時系列データの場合は、デフォルトの設定では、最初の時間ステップにおける値の最小値・最大値が使用されます。

(もし、Edit > Settings...Default Time Stepで、Go to last timestepを指定している場合は、最後の時間ステップの最小値・最大値が使用されます)

自動でなく、自分で色付け範囲を指定する方法は4つあります(ツールバーにある4つのアイコンです)。

4つのアイコン

データの最小値・最大値を指定する場合

Pipeline Browser上で選択されているデータの最小値・最大値を指定する場合は、下記のRescale To Data Rangeアイコンをクリックします。

Rescale To Data Rangeアイコン

直接、最小値・最大値を指定する場合

直接、最小値・最大値を指定する場合は、下記のRescale To Custom Data Rangeアイコンをクリックします。

Rescale To Custom Data Rangeアイコン

すると、最小値と最大値を指定するためのSet Rangeウィンドウが開きますので、最小値、最大値をそれぞれ記入して、Rescaleボタンを押します。

Set Range窓

全時間ステップに渡る最小値・最大値で指定する場合

時系列データで、全時間ステップに渡る、最小値・最大値で指定する場合は、下記のRescale To Data Range over all timestepsアイコンをクリックします。

Rescale To Data Range over all timestepsアイコン

すると、「すべてのタイムステップの範囲を決定するには、長い時間がかかる可能性があります。本当に続けますか?」という警告がでますが、Rescaleボタンをクリックします。

Rescale Range Over Time窓

ビューア上で表示された部分の最小値・最大値を指定する場合

ビューア上で表示された部分(データの一部)の最小値・最大値を指定する場合は、下記のRescale To Visible Data Rangeアイコンをクリックします。

Rescale To Visible Data Rangeアイコン

添付ファイル: fileSet_Range.png 22件 [詳細] fileRescaleToVisibleDataRange.png 23件 [詳細] fileRescaleToDataRangeOverTimesteps.png 19件 [詳細] fileRescaleToDataRange.png 26件 [詳細] fileRescaleToCustomDataRange.png 19件 [詳細] fileRescaleRangeOverTime.png 21件 [詳細] filefour_icons.png 21件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-05-13 (金) 14:45:54 (46d)