OSPRay Material

可視化ソフトウェアParaViewで、OSPRay Material機能を使用するとより写実的な描画を行うことができます。

(Version 5.7.0以降は

  • OSPRay Material⇒Ray Tracing
  • OSPRay Renderer⇒Ray Traced Rendering

に名称が変わりました)

なお、OSPRayは迫真性を高めるためのレイトレーシングベースのレンダリングを行う、オープンソースのソフトウェアです。

OSPRay Materialの設定

OSPRay Materialを使用するには、

① OSPRay Renderingの"Enable OSPRay"を有効にします。

② をpathtraceにします。

③ OSPRayにある"OSPRay Material"で材質(Material)を設定します。

例えば、下図は、ParaViewにデータを読み込み、まだOSPRayを有効にする前の状態です。

 initial

OSPRay Materialを使用するには、まず、OSPRay Renderingを有効にし、OSPRay Rendererを"pathtrace"にます。

 Enable OSPRay

次に、形状毎に材質を割り当てます。

最初に、水の形状にWaterを割り当てます。水形状を選択してから、OSPRay Materialに"water"(水)を選びます。

 water material

インペラーについては、"aluminium"(アルミニウム)を割り当ててみます。

 aluminum material

最後に、箱には、"copper"(銅)を割り当ててみました。

 copper material

描画が粗い場合は、"Ambient Samples"や"Samples Per Pixel"の値を大きくするとよいでしょう。計算時間はかかりますが、画質が良くなります。

 increase_samples

Value Indexedによる指定

Multi-block Datasetの場合、vtkBlockColorsを表示するときに、OSPRay Materialに"Value Indexed"を指定しておくと、annotationにMaterial名を指定することで、ブロック毎にMaterialを変えることができます。

 Value Indexed

なお、形状にTexture Mapを計算しておくと、Materialの"wood"や"checker alpha"は上図のように描画されます。

影をぼかす(Ver. 5.7.0以降)

version 5.7.0以降は、影をぼかす機能がつきました。

 Viewメニュー > Light Inspector

で"Light Kit"をオフにし、Lightを"Enable"にした後、"Radius"に0より大きい値をいれます。

 default_shadow

 

 diffuse_shadow

ノイズ除去(Ver. 5.7.0以降)

version 5.7.0以降は、ノイズ除去機能が追加されました。今までは、ノイズを減らすために、"Sample Per Pixel"の値を大きくする必要があり、計算コストが増大していましたが、"Denoise"をオンにすることにより、小さな"Sample Per Pixel"の値でもノイズが気にならなくなりました。

 non-denoise

 

 denoise

添付ファイル: filenon-denoise.png 7件 [詳細] filedenoise.png 3件 [詳細] filediffuse_shadow.png 9件 [詳細] filedefault_shadow.png 6件 [詳細] filevalue_Indexed.png 282件 [詳細] filewater_material.png 278件 [詳細] fileinitial_rendering.png 309件 [詳細] fileincrease_samples.png 357件 [詳細] fileenable_OSPRay.png 275件 [詳細] filecopper_material.png 260件 [詳細] filealuminum_material.png 234件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-28 (月) 12:08:13 (17d)