SPHの結果をボリューム補間する

ParaViewを使用して、SPH(Smoothed Particle Hydrodynamics)の結果である点群を、ボリュームに補間して可視化できます。

ボリューム補間に使用するフィルターは

 Filters > Point Interpolation > SHP Volume Interpolator

を使用し、補間方法として、SPHのスプライン補間式を使用します。このため、点群データには密度に対応する変数を有している必要がありますのでご注意ください。

通常の点群のボリューム補間に関しては

 Filters > Point Interpolation > Point Volume Interpolator

をご使用ください。

以下では、SPHの点群をボリューム補間して描画する方法を、例を用いて説明します。

SPH点群の読み込み

ここで使用するSPHのサンプルデータは、SPH_Points.vtuからダウンロードください。

SPH点群データの読み込みは

 File > Open...

と進み、ファイルの指定ダイアログから、"SPH_Points.vtu"を指定して読み込みます (あるいは、ParaViewのGUI上へのドラッグ&ドロップでも読み込み可能です)。

"Apply"後、表現を"Points"にし、色付けを"Rho"にすると以下の様に、点群として描画されます。

SPH点群の読み込み

 

SHP Volume Interpolatorフィルター

それでは、読み込んだSPHの点群をボリューム(画像データ)に補間しましょう。

まず、"SHP Volume Interpolator"フィルターを起動します。

 Filters > Point Interpolation > SHP Volume Interpolator

"Spatial Step"を"0.1"に変更し、"Apply"し、表現を"Volume"に変更しますと以下のように、ボリュームに補間された様子が分かります。

SPHボリューム補間

ここで、ボリュームボックスにバグがあるようなので、ボリュームの設定パネル"Volume Parameters"の"Show Box"のチェックを外し、見えないようにます。

disable_show_box

オプションとして、"Kernel"を、デフォルトの"SPHQuinticKernel"から、"SPHCubicKernel"、"SPHQuatricKernel"、"SPHWendlandQuinticKernel"などに変えたり、ボリュームの解像度(Volume Refinementにある"Resolution")などを変更することもできます。

また、ボリュームの描画は通常のボリュームレンダリングですので、"Color Map Editor"を使用して、お好みの描画にすることができます。

sph_volume_interpolator_press

添付ファイル: filesph_volume_interpolator_rho.png 74件 [詳細] filesph_volume_interpolator_press.png 63件 [詳細] filedisable_show_box.png 61件 [詳細] filerepr_points.png 68件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-21 (水) 11:05:16 (133d)