*[[フィルター Clip Closed Surface]] [#a59dbce3]

可視化ソフトウェア[[ParaView:http://www.paraview.org]]のFiltersに含まれる"Clip Closed Surface"フィルターは、ポリゴン形状を切断するときに、切り口にふたをします。

  Filters > Alphabetical > Clip Closed Surface


以下は、球面を切断し、ふたをする例です。


**球面の作成 [#jdabcd55]

球面は

  Sources > Geometric Shapes > Sphere

から作成します。

そのままの設定で、"Apply"すると下図のような球面ポリゴンが作成されます。

#ref(sphere.png,center,nowrap,70%,球面ポリゴン);

**Clip Closed Surfaceフィルターの適用 [#ee79b586]

上記で作成した球面ポリゴンは、中身の詰まっていない、表面だけからなります。

これに、"Clip Closed Surface"フィルターを適用します。

  Filters > Alphabetical > Clip Closed Surface

そのままの設定で、Applyすると、原点を通るx軸に平行な面で切断されますが、下図のようにふたがされていることが分かります。

#ref(sphere.png,center,nowrap,70%,球面ポリゴン);

ParaViewで表面形状を"Slice"フィルターで切断などをすると、複数辺として作成されます。

下図は、切断辺を選択し、辺要素のIDラベルを表示したもので、切断辺がたくさんの辺から成っていることが分かります。

#ref(clip_closed_surface.png,center,nowrap,70%,閉じた面でクリップ);

ふたがどのように作成されているかをみるには、"Surface With Edges"でメッシュの線を表示するとよいでしょう。

#ref(capping_mesh.png,center,nowrap,70%,ふたのメッシュ);


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS