フィルター Rotational Extrusion

可視化ソフトウェアParaViewにのFiltersに含まれる"Rotational Extrusion"フィルターは、面に接しない辺や境界辺を回転しながら押し出します。

 Filters > Alphabetical > Rotational Extrusion

平面内の図形の辺を押し出す例

例としては、平面内の図形の辺を押し出すのが分かりやすいです。

まず、Diskを作成します。

 Sources > Geometric Shapes > Disk

そのままの設定で、"Apply"すると、XY平面内に以下のような図形が作成されます。

Disk

この図形に、Rotational Extrusionフィルターを適用します。

 Filters > Alphabetical > Linear Rotational

下図のように設定し、"Apply"すると、図形の境界の辺がz-軸を中心に"Angle"で指定し角度だけ回転しながら、"Translation"で指定した長さで押し出されることが分かります。

Rotational extrusion

設定パラメータの意味は以下です。

Resolution回転角を何分割するか
Capping押し出しの上下面を元の図形を付加するかどうかのフラグ
Angle押し出すときのz軸を中心とした回転角
Translation押し出す長さ
Data Radius押し出した最後の辺とz軸からの距離

ここで、"Data Radius"に1を設定し、"Apply"すると、下図のようになります。

#ref(): File not found: "disk_non_capping.png" at page "フィルター Rotational Extrusion"

3次元図形の辺を押し出す例

"Linear Extrusion"は境界の辺を押し出しますので、下図のように、3次元空間内の2次元図形に対しても適用可能です。

#ref(): Usage:([pagename/]attached-file-name[,parameters, ... ][,title])


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS