解剖学的3次元可視化 part2(3D Slicer)

3D Slicerを使用して、解剖学のモデルを3次元で可視化します。

以下の内容は、チュートリアル3DDataLoadingandVisualization_Slicer4.5_SoniaPujolを参照しています。

使用するデータは以下にありますので、ダウンロードしてください。

3DVisualizationData.zip

シーンファイルの読み込み

ダウンロードしたデータから"3DHeadScene.mrml"ファイルを、Sicerにドラッグ&ドトップします。

drag and drop scene

"Add data into the scene"ダイアログが立ち上がりますので、「OK」します。

load scene ok

頭部の3次元表面モデルと2次元解剖断面がSlicerのビューアーに表示されます。

loaded scene

Modelsモジュール

Modulesメニューから"Models"を選択します。

select models

Modelsパネルに3次元シーンのリストが表示されます。

scenes list

3次元可視化

"axial"断面にあるピン・アイコンにカーソルを移動し、展開されたメニュー内にある目アイコンをクリックします。

axial eye

すると、頭部の3次元モデルにaxial断面が出現します。

次に、3次元シーンのリストから"Skin"を選択します。

select skin

"Display"タブを展開し、スクロールして"Color"タブを探します。

color tab

"Color"タブ内の"Opacity"を0.3に設定すると、skin形状が透過されます。

transparent

上にスクロールし、"skull_bone"を選択します。

select skull bone

頭蓋骨を非表示にするために、"Visible"のチェックを外します。

skull bone invisible

カーソルを"Coronal"断面ビューのピン・アイコンに移動し、目アイコンを有効にします。

coronal eye_on

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS