*[[アドバンシングフロント法]] [#y45647a3]

アドバンシングフロント法(Advancing Front Method)は、境界から領域内に向かって格子点を1つずつ配置しながら三角形要素あるいは4面体要素で埋めていく、最も簡単な発想からなる手法です。

特徴としては
- 品質の良いメッシュが作成されるが、メッシュ数が[[デローニー分割法]]よりも多くなります
- 品質の良いメッシュが作成されますが、メッシュ数が[[デローニー分割法]]よりも多くなります
- メッシュの成長率は、境界面の最初の数層はゆっくり成長し、内部に行くほど大きくなります。
- 入力となる表面メッシュは、高い品質の三角形メッシュが必要になります。

** アドバンシングフロント法の例 [#ocbb5e3b]

以下は、車回りの流体領域をアドバンシングフロント法で4面体メッシュで埋めたものです。

#ref(advancing_front_ex1.png,center,nowrap,110%,ICEM CFD Advancing front example);

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS