*[[ヒストグラムベースの2値化(3D Slicer)]] [#w239a445]

[[3D Slicer:http://www.slicer.org/]]のSimple Filtersを使用すると、[[ITK:https://itk.org/]]に含まれる[[ヒストグラムベースの2値化手法:http://www.rccm.co.jp/icem/pukiwiki/index.php?%E3%83%92%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE2%E5%80%A4%E5%8C%96%28ITK%29]]を簡単にテストすることができます。

**データの読み込み [#ld7115fc]

DATAアイコンから画像ファイルを選択し、画像データを読み込みます。

① DATAアイコンクリック

②「Add data into the scene」窓の「Choose File(s) to Add」をクリック

③「Open」窓ので画像ファイルを選択

④「Open」窓、「Add data into the scene」窓の「Open」をクリック


#ref(open_data.png,center,nowrap,50%,open data);
 
#ref(opened_data.png,center,nowrap,50%,opened data);

**Simple Filtersモジュール [#b838bfc7]

① モジュールコンボボックスをクリック

② 「Filterings」をクリック
② 「Filtering」をクリック

③ 「Simple Filters」をクリック

でSimple Filtersモジュールを開きます。

#ref(Simple_Filters.png,center,nowrap,50%,Simple Filters);

**2値化フィルターの検索 [#mbe14314]

Filtersパネルの中の「Search:」に"threshold"と入力すると2値化フィルターのみが選べるようになります。

#ref(search.png,center,nowrap,50%,search threshold);

**2値化の実行 [#a3d7ad47]

Filters:コンボボックスから、2値化手法を選択(例えば、"MaximumEntropyThresholdImageFilter"を選択)し、

|Input Volume:| 入力画像データ名を指定|
|Ouput Volume:| Create New Volume asから適当な出力データ名を入力|

を設定後、Applyしますと、2値化画像が表示されます。

#ref(threshold.png,center,nowrap,50%,threshold);

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS