*[[座標の表示]] [#a59dbce3]

可視化ソフトウェア[[ParaView:http://www.paraview.org]]を使用して、メッシュの節点の座標表示ます。

*Ver5以降 [#y2521a7f]

メッシュ節点の座標を表示するためには、

①"Hover Points On"アイコンをクリック

②カーソルに一番近いメッシュ節点の情報と共に座標が表示される
②カーソルに一番近いメッシュ節点の情報と共に座標(Coords)が表示される

#ref(Hover_Points_On.png,center,nowrap,70%,Hover Points On);


*Ver4以前 [#k9f33257]

**座標変数の作成 [#t80309ff]

節点の座標を表示するためには、節点の座標を持った変数を作成する必要があります。

これにはCaluculatorを使用します。まず、データを読み込んだ後、下図のように設定してApplyします:

① Calculatorアイコンをクリック

② 節点データを作成するため、"Attribute Mode"に"Point Data"を設定

③ 節点の座標値を持つ変数名を例えば、"coordinates"と記入

④ 節点座標はcoordsという名のベクトル値に入っているので、計算用のテキストボックスに"coords"を記入

⑤ "Apply"

#ref(calculator_coords.png,center,nowrap,50%,calculator);

こうすると、変数欄に作成した座標変数が現れます。

#ref(coords_variable.png,center,nowrap,70%,coordinates);

**座標を表示したい節点の選択 [#i1f9e22c]

ParaViewの画面上に、変数の値を表示するには、見たい節点を選択する必要があります。

ParaViewには以下のような選択モードがあります。

|Select Cells On|画面に見えるメッシュの選択|
|Select Points On|画面に見える節点の選択|
|Select Cells Through|隠れたメッシュも選択|
|Select Points Through|隠れた節点も選択|

今回は、"Select Points On"を指定して、下記の手順で、画面から節点を選択します:

① Pipeline Browserで"Calculator"が選択されていることを確認

② 選択モードに"Select Points On"を指定

③ 画面上でマウスを使ったラバーバンドで、座標を表示したい節点を囲んで選択(選択するとピンク色で表示される)

#ref(select_mode.png,center,nowrap,50%,節点の選択);

**変数の値の表示 [#re30d862]

選択された節点の座標を表示するためには、"Find Data"を使用します。
ツールバーにあるアイコンをクリックして、"Find Data"の窓を開きます。

#ref(launch_find_data.png,center,nowrap,50%,Find Dataの表示);

"Find Data"窓の中の"Point Labels"から、作成した座標変数"coordinates"を選択します。

#ref(find_data.png,center,nowrap,50%,座標変数の選択);

下図のように座標が表示されました。

#ref(display_coords.png,center,nowrap,50%,座標の表示);

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS