*[[輪郭線の強調]] [#ld4a99ef]

可視化ソフトウェア[[ParaView:http://www.paraview.org]]で、見えにくい形状の輪郭線を強調します。

ここでは、形状を半透明化して、見難くなった輪郭線を強調する例を説明します。

※ ParaView 5.6.0以降は、形状の表現形式として"Feature Edges"が追加されましたので、輪郭線の表示が簡易化されました。
※ ParaView 5.6.0以降は、形状の表現形式として"Feature Edges"が追加されましたので、輪郭線の表示は、本ページの方法よりも簡易化されております。

#ref(combo_Feature_edges.png,center,nowrap,60%, combo_Feature_edges);

**"Unstructured Grid"タイプの形状 [#yb8cf09e]

以下のような"Unstructured Grid"タイプの形状について説明します。

形状の種類を確認するには、"Information"タブのStatistics内のTypeを確認します。

#ref(UnstructuredGrid.png,center,nowrap,60%, 非構造メッシュ);

**半透明化 [#n63148a7]

形状を透明化するには、"Properties"タブの"Styling"内の"Opacity"(不透明度)を調節します。

Opacityは[0.0, 1.0]の範囲の値をとり、1.0は透明化せず、0.0で完全に透明になります。

例えば、0.4を入れてみますと、以下のようになります。
このように透明にしますと、やや輪郭が見えにくくなるかもしれません。

#ref(opacity.png,center,nowrap,60%, 不透明度);

**表面メッシュの抽出 [#y7c4260a]

見えにくくなった輪郭線を強調するためには、輪郭線を抽出する必要がありますが、"Unstructured Grid"タイプの形状から、直接、輪郭線を抽出することはできません。

輪郭線は、"Polygonal Mesh"タイプの形状からしか抽出できない仕様となっています。

そこで、"Unstructured Grid"から"Polygonal Mesh"(表面メッシュ)にする変換する必要があります。

(※ もともと"Polygonal Mesh"タイプの形状であれば、この変換は必要ありません。)


変換するためには、

  Filers > Alphabetical > Extract Surface

の"Extract Surface"フィルターを使用します。

"Apply"後、"Information"タブのStatistics内のTypeが、"Polygonal Mesh"であることを確認しましょう。

#ref(PolygonalMesh.png,center,nowrap,60%, ポリゴンメッシュ);

**輪郭線の抽出 [#cdc0d5e0]

"Polygonal Mesh"タイプの形状に対しては、特徴線抽出フィルターを使用できます。

  Filers > Alphabetical > Feature Edges

設定は、"Coloring"にチェックを入れて、"Apply"すると、以下のように輪郭線を強調した図にすることができます。

#ref(FeatureEdges.png,center,nowrap,60%, 輪郭線);

なお、特徴線抽出の設定パラメータの意味は以下の通りです。

|Boundary Edges | 境界線(1面しか所有しない辺)抽出|
|Feature Edges | 所有する2面の法線ベクトルのなす角がFeature Angle以下の辺抽出 |
|Non-Manifold Edges| 3面以上を所有する辺の抽出|
|Manifold Edges| 2面を所有する辺の抽出|
|Coloring| 上記辺の種類で色分け|
|Feature Angle| 特徴線の判定角度(小さいほど多くなる)|

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS