meshio

Pythonで書かれたオープンソースであるmeshioを使用すると、メッシュのフォーマットの変換を容易に行えます。

現在サポートしているファイルフォーマットは以下です。

Abaqus (.inp), ANSYS msh (.msh), AVS-UCD (.avs), CGNS (.cgns),
DOLFIN XML (.xml), Exodus (.e, .exo), FLAC3D (.f3grid), H5M (.h5m),
Kratos/MDPA (.mdpa), Medit (.mesh, .meshb), MED/Salome (.med),
Nastran (bulk data, .bdf, .fem, .nas), Neuroglancer precomputed format,
Gmsh (format versions 2.2, 4.0, and 4.1, .msh), OBJ (.obj), OFF (.off),
PERMAS (.post, .post.gz, .dato, .dato.gz), PLY (.ply), STL (.stl),
Tecplot (.dat), TetGen (.node/.ele), SVG (2D output only) (.svg),
SU2 (.su2), UGRID (.ugrid), VTK (.vtk), VTU (.vtu), WKT (TIN) (.wkt),
XDMF (.xdmf, .xmf)

インストール

インストールはpipコマンドで行います。

 pip3 install meshio[all]

使用法

メッシュ形式の変換例

  • 入力: input.msh (Gmsh形式のファイル)
  • 出力: output.vtu (VTKの非構造格子形式のファイル)
 meshio-convert input.msh output.vtu

メッシュ情報の表示例

 meshio-info input.xdmf

ParaViewプラグイン

meshioには、ParaViewでmeshioの読み書きを組み込む、ParaViewプラグインが用意されています。

プラグインをParaViewにロードする方法

  • meshioのリリース版(以下、v4.4.6の場合で説明する)をmeshio_releaseからダウンロード
  • ダウンロードしたmeshioのフォルダの中の
 meshio-4.4.6\src

の下にある、meshioフォルダを、ParaViewのインストール先(以下はWindowsの例)

 C:\Program Files\ParaView 5.9.1-Windows-Python3.8-msvc2017-64bit\bin\Lib\site-packages

の下にコピー

  • ParaViewを起動し
 Tools > Manage Plugins...

Load Newから

 D:\work\open_sources\source\meshio-4.4.6\tools

にあるparaview-meshio-plugin.pyをロード

以上で、ParaViewで、meshioによるメッシュの読み書きが可能になります。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-06-30 (水) 13:50:13 (89d)