• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

音響解析ソフトウェアActran

新着情報

  • 2021.12.9 【Webinar】音響解析セミナー《建築音響解析の基礎》を 12/9 (木) に開催いたします。

  • 音響解析ソフトウェアActran概要

    Actranについての概要動画となりますので是非ご覧ください。

    音響解析とは?

    様々な音響現象について、数理的なモデルを構築・計算し、結果を評価することです。

    音響現象: 発生、反射、伝播、吸収、など

    計算方法: 波動方程式・・・有限要素法、差分法、境界要素法

           幾何音響・・・音線法、虚像法

    なぜ音響解析が必要とされるのか?

    ●大きな目的は騒音低減、快音設計です。その為に下記の工程にActranが適用されます。

    ①実験の代替・・・実験をするにあたり、モデル作成、実験環境の整備等、莫大なコストと時間を要し、

    トライ&エラーを繰り返すので、その代替とする事があります。

    ②実験の検証・・・音響解析結果と実験結果を比較することにより、実験結果の妥当性を判断することが出来ます。

    ③メカニズムの解明・・・実験結果はあるが、騒音源、騒音源から観測点への音の伝搬メカニズムがわからないので

    解明したい場合に用いられます。

    音響解析で何が得られるのか?

    ・音響現象の可視化と可聴化

    ・音圧【Pa,dB】(グラフ、MAP可視化、可聴化)・・・時刻歴解析、周波数応答解析

    ・音響パワー【dB】(グラフ、MAP可視化)・・・周波数応答解析

    ・透過損失【dB】(グラフ)・・・周波数応答解析

    どこで音響解析が使われているのか?

    ・自動車・・・車体から発生する車外騒音、車内騒音の解明の為

    ・自動車部品・・・マフラー、エンジン部品、タイヤ等、各部品から発生する騒音メカニズムの解明・騒音低減の為

    ・建築業界・・・ガラス・壁の透過損失、床の衝撃音算出の為

    ・医療業界・・・ポンプ、ダクトから発生する流体騒音解析

    ・吸遮音材・・・吸遮音材の透過損失、吸音率

    ・機械・・・HVAC、エアフィルター、空調機、スピーカー、電動機、

    ・その他・・・音が関連する業界には多数導入されています。

関連資料ダウンロード

お問い合わせ

製品一覧