• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

FEMAP V2019.1 新機能


表示エンティティの一括選択ボタン

Femap V2019.1では、表示されているエンティティを一括選択できるボタンが追加されました。
グラフィックスに"表示"されている指定したタイプの全てを選択することができます。 このボタンをクリックすれば、選択作業を行わなくても、表示されているエンティティを一括選択できます。

旧バージョンでも、グループ機能,描画/消去ツールバーなどを用いれば、解析モデルの一部を表示する事が可能です。
しかし、表示されている「解析モデルの一部」に何らかの条件を定義する場合、ボックス選択などで、 表示されている解析モデルの一部を選択する操作が必要となります。

"リセット"がアイコン化されました

表示エンティティの一括選択ボタン

モデル情報からの検索

「選択」ツールバーに「モデル情報からの検索」が追加されました。
グラフィック上を選択するとモデル情報ツリーのエンティティがハイライトします。
膨大なプロパティを含む解析モデルで目的のプロパティを探し出す際、「モデル情報からの検索」を利用することで、 該当するプロパティがハイライト表示され、簡単に情報を取得することができるようになりました。

  1. 「選択」ツールバーで、「プロパティ」を選択
  2. 「選択」ツールバーで、「モデル情報から検索」を選択
  3. 解析モデル上で、検索したい「プロパティ」が定義されているエレメントをクリック
上記手順で、「モデル情報」ドッキングウィンドウの「プロパティ」で、該当するプロパティがハイライトします。

モデル情報からの検索

[ビュー・シンプル]ツールバーの強化

「ビュー・シンプル」ツールバーに、「フィーチャライン」が追加されました。
ビューオプションダイアログボックスを開くことなく、外形線の表示・非表示の切り替えが即時可能です。
「ビューオプション」ウィンドウ→「カテゴリ」→「ツール、ビュースタイル」→「フィーチャライン」
↑でフィーチャラインの調整が可能です。

ビュー・シンプル.png
ビュー・シンプル2

ソリッド要素材料軸

Femap V2019.1では、メッシュ作成後に、ソリッドの材料方向と指定できる、「ソリッドマテリアル座標系」機能が追加されました。

  • [修正]-[エレメントの更新]-[ソリッドマテリアル座標系]

また、Femap V2019.1では、ソリッド要素で参照される材料座標系を指定する為のMATCIDの読み書きもサポートされます。 FEMAPでは1つのソリッドプロパティに1つの座標系が指定可能ですが、条件によっては膨大なプロパティを必要とした 材料方向ごとの設定が大幅に改善されました。

ソリッド要素材料軸

ジオメトリ分割しても境界条件が維持されます

FEMAP2019.1ではジオメトリ分割した後でも元の条件が保持され、再設定は不要です。

  • 荷重
  • 拘束
  • リージョン

更にソリッドエンティティの場合、すべてのソリッドデータはジオメトリスライス操作後も維持されます。 荷重・拘束・領域・色・レイヤー・ソリッド属性の定義はすべて分割後のソリッドエンティティにも反映され、 分割時の操作性を大きく向上しています。

ジオメトリ分割しても境界条件が維持されます

[修正」-[投影]-[ポイント]/[ノード]の強化

「修正」-「投影」-「ポイント」及び「修正」-「投影」-「ノード」で、 以下の機能が追加されました

  • ユーザーが指定したを中心に放射状に投影する機能
  • ユーザーが指定したを中心に放射状に投影する機能
円筒構造の一部を放射状に投影する場合に便利な機能です。

修正」-[投影]-[ポイント]/[ノード]の強化

カーブ上のベアリング力とトルク

FEMAP2019.1ではベアリング荷重、トルク荷重を簡単に定義できるようになりました。

  • 「モデル」-「荷重」-「カーブ上」
  • 「モデル」-「荷重」-「サーフェス上」
ベアリング荷重を定義する場合、大きさと角度(ベアリングが接触する面積を角度で)指定します。 また、必要に応じて、位相や荷重の方向ベクトルを指定します。 トルク荷重を定義する場合、必要に応じて大きさと位相を指定し、荷重が作用する軸のベクトルを指定します。
以前のバージョンではサーフェス上でベアリング力とトルクを定義可能でした
カーブ上のベアリング力とトルク

[メッシュ]-[スウィープ]機能の強化

「スウィープ」コマンドに、要素のエッジに沿ってスウィープする新しいオプションが導入されました。
Femap v2019.1では、選択した要素あるいは要素フェースのエレメントエッジを経路として、スウィープできるようになりました。 1つのエレメントエッジをピックする操作のみが必要となり、スウィープ操作は、例えば、円形構造の場合、 360度分スウィープされ、選択した要素あるいは要素フェース自身に接続するまで継続する事も可能です。
また、スウィープ操作を停止させるノードを指定するオプションもあります。 エレメントスィープの場合、メッシュは、既存のメッシュエッジとの一致を保持する為、位置が補正されます。
プレート要素やエレメントフェースをスウィープし、ソリッド要素を作成するだけでなく、 エレメントエッジやビーム要素をスウィープし、プレート要素を作成できます。

[メッシュ]-[スウィープ]機能の強化

押出し機能強化①両方向への押出し

[メッシュ]-[押出し]-[..]と[メッシュ]-[回転押出し]-[..]の全てのメニューにおいて、 [両方向に押出す]オプションが追加されました。
このオプションを使用する事で、片方向の押出し量/回転押出し量を指定する事で、 平面要素/エレメントフェース/カーブを指定した方向に押出すと同時に、反対方向にも押出され、 ソリッド要素/シェル要素が作成されます。

押出し機能強化①両方向への押出し

押出し機能強化②[要素法線方向に押出し]の強化

Femap v2019.1では、「メッシュ」-「押出し」-「エレメント」及び「メッシュ」-「押出し」-「エレメントフェース」の 「押出し方法」に関して、新しいオプションが導入されました。
新しいオプションでは、各エレメントの法線方向を「押し出しベクトル」とし、 「ユーザーが指定したサーフェスに到達するまでの距離」だけ押出して、ソリッド要素を作成します。 よって、ユーザーが押出し方向を指定する必要がありません。同一平面上にある「複数の平面要素」を、法線方向に押出す場合に便利な機能です。

旧バージョンでも、「指定したサーフェスに到達するまでの距離」だけ押出すオプションが使用可能でしたが、 ユーザーが押出し方向を指定する必要がありました。
押出し機能強化②[要素法線方向に押出し]の強化

四角錘要素の作成オプション

四角錐要素を介して、6面体要素と4面体要素を接合させるのが理想です。
Femap v2019.1では、4面体要素のオートメッシュ機能において、「6面体要素と4面体要素を繋ぐ四角錐要素」と 「4面体要素」を同時に自動作成できるオプションが追加されました。
6面体要素メッシュを作成した後ではあれば、4面体要素メッシュを作成する場合と同じ設定で、メッシュが作成できます。

以前のバージョンでは、手動で、6面体要素と4面体要素を繋ぐ四角錐要素を作成する必要がありました。

四角錘要素の作成オプション
四角錘要素の作成オプション

1次要素/2次要素の接続

要素分割の数を同じにした場合、1次要素と2次要素を節点共有で接合しようとすると、2次要素のコーナー節点と1次要素のコーナー節点が節点共有されます。
その結果、2次要素の中間節点が1次要素と接合されない為、解の精度が悪くなる問題が生じます。

これまで

ユーザーが、1次要素、あるいは2次要素のみで解析モデルを構築する、あるいは要素分割の数を同一にせず、 2次要素の中間節点も1次要素に接続されるように設定するなどの処置が必要でした。

これから

Femap v2019.1では、1次要素と2次要素のいずれかを、 「接続面上にのみ中間節点を有する要素」に自動変換可能になりました。

これにより、同一要素分割数で、1次要素と2次要素のメッシュが作成できるようになります。 (このような特殊な定義に対応したソルバーで解析を実行する必要があります)

1次要素/2次要素の接続
  • 緑色:シェル2次要素
  • 水色:シェル1次要素
  • [修正]-[エレメントの更新]-[線形/2次要素の接続]で1次と2次を接続
  • 接続した1次シェルは中間節点が追加されて2次要素となる

コンタクトリージョン上でのコンター表示

FEMAP11.4*まで

コンタクトの解析結果(例:接触面圧)をコンター表示した場合、 接触面以外では解析結果値がゼロ値として取り扱われ、接触面と接触面以外での結果を補間するように、コンター図が表示されました。 その為、接触面以外でも、選択した解析結果(例:接触面圧)が発生しているかのように見える場合があります。

FEMAP12.*から

ジオメトリではなく、エレメントに対してコンタトクリージョンを設定する必要がありますが、 コンタクトリージョン上に「コンタクトの解析結果」をコンター・クライテリア表示させる機能が追加されました。 しかし、クライテリア表示させた場合に、コンタクトリージョン上に「解析結果値」が表示されますが、それを非表示にする機能がありませんでした。

FEMAP2019.1

Femap V2019.1の「ビューオプション」ウィンドウでは、「カテゴリ」で「ポスト処理」を選択した場合の「オプション」に「リージョン」が追加されました。 この「リージョン」では、コンタクトリージョン上での「クライテリア表示した場合の解析結果値」を表示したり、非表示させたりする事が可能です。

Femap v11.4での表示...片方部材のみを表示

コンタクトリージョン上でのコンター表示1

Femap v2019.1での表示...片方のリージョンのみ表示が可能

コンタクトリージョン上でのコンター表示2

Simcenter Nastranインターフェイス

Femap V2019.1では、Simcenter Nastran 2019.1(NX Nastranの後継プログラムで、NX Nastran V13に相当)がバンドルされています。 Simcenter Nastran 2019.1の解析モデルが作成できるように、解析プログラムインターフェイスがSimcenter Nastran 2019.1に対応しました。 さらに、Femap V2019.1で、以下のようにSimcenter Nastranインターフェースの強化が行われています。

  • マルチステップ非線形(S0L401/402)で過渡応答解析の設定が可能になるなど、 マルチステップ非線形インターフェイスの強化
  • SOL200(設計/トポロジー最適化)で固着が設定可能やSOL200のトポロジー最適化の解析タイプに [周波数/調和応答]をサポートなどのSOL200のインターフェイスの強化
  • 座屈解析で複数のサブケースが設定されている場合、 [STATSUB]ダイアログボックスで、初期荷重や座屈評価荷重を自由に選択可能

Simcenter Nastranインターフェイス




製品一覧