• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

Ansys Fluent Meshing

Ansys Fluent Meshing

Ansys Workbench下に統合

Ansys Fluent Meshingはボリュームメッシュ、ラッピングによるサーフェスメッシュに対応し、Ansys Fluentに統合されたメッシングツールです。統合された操作環境(プラットフォーム)のWorkBench上でも利用できるので、CADデータのインポートや メッシュ作成、境界条件などが設定しやすくなっております。

Ansys Fluent Meshingは、高度な非構造メッシャーとしてAnsys FluentのGUIに組み込まれており、Ansys Fluentと同じ操作感覚でメッシュ作成ができます。旧T-Gridのアルゴリズムに基づき、Tetra、HexCore、CutCell、プリズム付きポリヘドラルなど の各要素タイプに対応しています。

上流から下流タスクを並べたワークフローシステムを取り入れており、やさしい操作で高い品質のメッシュを生成できます。また、下図の様に、 Ansys Fluent Meshingのメッシュファイルを複数パターン用意し、WorkBench上で解析の順番などをコントロールできます。

なおAnsys Workbenchは、他のAnsys製品(モデラー・メッシャー・ポストプロセッサー)とも連携し、CADのインポートやメッシング結果表示までををワークフローで管理する統合環境です。

workbench-fluentmeshing01.png

表面メッシュ技術

  • ウォータータイトな表面の作成
  • CADに戻っての修正の必要性を低減(穴、オーバーラップ、交差など)
  • 局所及び全体的なメッシュ編集ツール
  • メッシュ接続、表面要素の自動チェック機能、要素修正、要素品質の改善:全体及び局所的な品質向上が可能

ボリュームメッシュ技術

fluentmeshing03.png
  • プリズムレイヤーの制御やTetraメッシュ、六面体、カットセル、ポリヘドラルメッシュについて、高品質かつ、大規模なハイブリッドボリュームメッシュを生成
  • 全体及び局所的なメッシュ修正
  • 体積領域の計算
  • メッシュ化する閉じた領域を自動的に認識
  • ツリー上で直接状態を明確に表示
  • プロパティ管理機能
  • 1つまたは複数領域のメッシュ化
  • オブジェクトベースの自動メッシュパネル
  • 体積領域からセルゾーン名とタイプを引用
  • 1つのパネルから完全なセットアップ
  • 境界層メッシュ、グローバルボリュームを埋める機能

入力フォーマット

  • CADネイティブ形式
  • CAD中間フォーマット:STEP、IGES、ACIS、Parasolid、STL
  • 外部メッシュ形式:MSH、CGNS、Patran、Nastran、Ideas、HyperMesh

お問い合わせ

製品一覧