• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

Ansys HPC (並列計算)

はじめに

かつてはあまり現実的ではなかった大規模のシミュレーションも、CPU や GPU という演算処理を含むハードウェア機能の高精細化・大規模化が進むにつれ、 シミュレーションで対応できる計算内容が大幅に大規模・複雑化しました。ここでは、Ansys HPCについてご案内いたします。

Ansys HPC 概要

Ansys 製品には並列計算機能があり、特に非常に大規模な計算規模を必要とする流体解析などにおいて、多くの CPU コアや GPU を並列させ効率的な計算速度を提供します。 Ansys HPC、Ansys HPC pack、Ansys HPC Workgroup は、並列計算コア数を拡張する並列計算オプションです。

特長

Ansys HPC は様々な Ansys 製品に対応した共通オプションです。1コアで計算する場合より数倍以上の計算効率を発揮できます。CPU だけでなく、GPU を利用した並列計算にも対応しております。 また、異なるタイプのHPC 製品をご用意しておりますので利用環境や用途に応じてご選択いただけます。

Ansys CFD Premiumまたは、Ansys CFD Enterpriseでは、HPCライセンスが標準で4コア搭載されております。

製品構成

Ansys HPC

ライセンスの数=並列コア数で追加できます。5-7コア程度の小規模並列計算に向いております。 ジョブ毎に必要な数のライセンスを割り当てることができます。

standard-4cores-to-4cores.pn
(例)Ansys HPC 4コア分を追加した場合

Ansys HPC Pack

複数のHPC Packを利用することで、並列計算コア数を大幅に増加できるパッケージです。1packで8コア。2packで32コア追加、3packで128コアと 4倍ずつ追加可能コア数が増え、高い効果を得られます。

ansys-hpc-packs.png

Ansys HPC WorkGroup

Ansys HPC のボリュームディスカウントが得られるパッケージです。16コア、32コア、64コアと倍ごとに増えるパッケージです。

GPUにも対応

Ansys HPC は、GPUを追加することもできます。解析内容によりGPUを利用することで効率化が期待できます。

お問い合わせ

製品一覧