• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

流体解析受託(委託)サービス概要

流体解析のエキスパートとして25年以上の実績を基に、FLUENTPOLYFLOW等を使用した幅広いテーマにおいて熱流体分野の受託解析サービスをご提供いたします。

流体解析を必要とする場面とは・・・

流体解析を必要する様な場面はどのような時でしょうか?簡単ですが、解析を要する場面例を挙げさせて頂きました。

解析を要する場面例
  • 実験では原型(実験体)の作成時間が無く、手間がかかる
  • 実験では設定可能なパラメーターが限定される
  • 難易度やマンパワーの問題で対応が難しい
  • 初期設計の段階で課題解消への筋道を見つけたい
  • モデル作成から高品質メッシュを含めて流体解析を依頼したい
  • 設計工程や製造工程と同時並行でシミュレーションによる確認が必要

  • 他には、「流体解析(CFD)技術者の人手が足りない。」、「設計開発期間の短縮とコスト低減を急いでいる。」、「CFDの経験が無いが、エンドユーザーから流体解析を新たに求められている。」、「直面するトラブルの原因の推定・対策を立てたい。」さらには、解析する目的が明確な方に限らず、漠然と「こういう解析がしたい」などがございます。上記の様に解析を必要とする際、25年以上の流体解析実績を持つRCCM技術者がご支援いたします。

    お問い合わせ/資料請求

    当社の委託(受託)解析のメリット

    当社ではお客様からご依頼頂いた流体解析に対して、ただ単に解析ツールを使って計算結果だけをお渡しするということは致しません。お客様の抱えておられる問題点を明確に把握し、現実的に役に立つ結果を出せるように、長年の実績と豊富な経験から最適なモデル化を実現して行きます。それによって得られた計算結果が、お客様の抱えておられる問題や、開発予定の製品にどう結びついているのかを、お客様との十分な打合せとともに判断・分析して、解析結果を、問題解決や新製品開発に役に立てるように致します。必要あれば再計算を行ってお客様が納得されるところまで解析を行います。
    熱流体解析ソフトウエアの導入が様々な制約により難しいお客様に対しましては、弊社の流体解析委託(受託)サービスにより、お客様が直面されている問題や新製品開発等に対して、現実的な対応ができ、次フェーズの開発に生かしてして頂くことができます。

    当社流体技術者から

    数値流体力学(CFD)は、流体解析ソフトウェアが優れていても、教科書等に記述されている知識やソフトウェアの操作を覚えただけでは対応できない事柄がまだ多くございます。そのため、流れの現象の本質を失わない見立てによる解析モデル化や境界条件、物性等を流体シミュレーションソフトウェア上で設定することが必要です。当社では「何を計算するのか」、「現象を理解する」、「事前にある程度結果をイメージできる事」がシミュレーションを行う上で大きなファクターであると認識つつ、過去25年以上より開発してきた様々なサブルーチンやユーティリティを活用した解析技術サービスをご提供いたします。

    最新情報

  • FLUENT、POLYFLOWはVer.16まで対応できます。
  • メッシングテクノロジーセミナー(流体解析編)を2013年8月30日に開催致しました。
    セミナー資料はこちらにてお申込みください。
  • 対応解析分野

    流体解析(2次元・3次元)、定常解析・非定常解析、層流解析・乱流解析、圧縮・非圧縮、ニュートン流体・非ニュートン流体、粘弾性流体、熱移動をともなう流れ、流体- 構造の連成等。
    詳しくは「対応解析分野と使用ツール」のページをご覧ください。

    受託解析の流れ

    jyutakunagare.png

    流体解析の実績・事例

    Fluentによる解析事例のご紹介はこちらをご覧ください。
    Polyflowによる解析事例のご紹介はこちらをご覧ください。
    ユーザ様の解析事例のご紹介はこちらをご覧ください。

    流体解析 お問い合わせ

    ご相談・ご質問、技術的なご質問、お見積り依頼(年度内※急ぎ、来年度予算)など、下記よりお問合せください。
    解析する目的が明確な方に限らず、漠然と「こういう解析がしたい」と思っている方でも、解析担当者がご相談に応じます。

    お問い合わせ/資料請求

    関連資料ダウンロード