• 製品案内
  • 受託解析・開発
  • 実績・事例
  • セミナー
  • サポート
  • 資料ダウンロード
  • お問い合わせ

Ansys Fluent 特徴

Ansys Fluentの主な特長

Ansys Workbench下に統合

Ansys FluentはANSYS Workbench環境でご利用いただけます。ANSYS WorkBenchは様々なCAE等のワークフローに対応しており、 CADのインポートやメッシング、様々な条件設定ができるプラットフォームです。

高機能メッシャー

Ansys Fluentは、Ansys Fluent Meshing(旧:T-Grid)やAnsys CFD PrepPostなど複数のメッシングツールをご利用いただけます。

Ansys ICEM CFDはこちら

可視化ツール

Ansys FluentはAnsys Ensightを利用いただけます。

Ansys Ensightはこちら

解析モデル機能

乱流モデル

Ansys Fluentは多くの乱流解析モデルを持っており、各種解析内容によって選択できます。
乱流モデル(Spalart-Allmaras、標準/Realizable/RNG k-ε、標準/SST/BSL k-ω、GEKO) V2F、レイノルズ応力輸送、遷移モデル、RSM、SAS、DES、LES)

mixing-elbow-vero.png
ミキシングエルボー内流速分布(乱流モデル:k-ω)

伝熱モデル

熱伝導・熱対流・熱輻射、日射、ジュール発熱などを考慮できます。

heat-transfer01.png
熱移動を伴うパイプ内流れ

化学反応・燃焼モデル

化学反応・燃焼(反応速度、渦消散、拡散燃焼、予混合燃焼、部分予混合燃焼、PDF輸送、粒子表面反応、NOx、SOxなど

combustor-co2.png
カン型燃焼器を通る反応流 CO2質量分率

自由表面・混相流モデル

VOFモデル・混合モデル・分散相モデル(ラグランジェ式追跡計算)など

water-wheel.gif
流体力を受けて回転する水車(空気と水を考慮)

液膜モデル

内燃機関のシミュレーションに特化した液膜モデル(wall-filmモデル)が使用できます。

film-thickness-iso-view.gif
オイラー液膜モデルを用いたスプレー吹付時の液だれ

キャビテーション、エロージョン

FluentでのキャビテーションはZwart-Gerber-Belamriモデル、SchnerrとSauerモデルがあります。 Fluentの圧力ベースソルバーは、分離型(SIMPLE、SIMPLEC、PISO)、連成型の双方ともキャビテーションが利用できます。

cavitation01.png
       配管内キャビテーション例

多孔質媒体(圧力損失モデル、伝熱モデル、化学種拡散、浸透モデル)

ntu-model、simple-effectiveness-modelの両方とも圧力損失はAnsys Fluentの多孔質媒体モデルに依りモデル化されます。多孔質媒体(ポーラスメディア)は様々なフィルター、濾紙、網目、パンチングメタル等を考慮した解析に活用できます。


混相流(オイラー混相流:Eulerモデル、Mixtureモデル、VOFモデル、オイラー液膜モデル)

気泡流れ、蒸発装置、浮遊、気体洗浄装置など、負荷粒子流れ、スラグ流れ、液滴流れ、空気郵送、 流動層、スラリー流れ、流水輸送、沈殿などが挙げられる。

wing-speed-of-sound.gif
自由表面を考慮した撹拌

亜音速、超音速(圧力ベース分離&連成、密度ベース)、遷音速

高速流れや大きな圧力変化を考慮する気体の流れでは圧縮性を考慮する必要があります。流速が音速に近づいたり、音速を超えたりする場合、 系内の圧力変化が大きい場合、密度の圧力依存が流速、圧力、温度に与える影響を考慮する必要が有ります。

wing-speed-of-sound.gif
翼周り マッハ数

流体解析 お問い合わせ

RCCMは35年以上の間、流体解析ソフトウェアに関する活動を行っております。活動当初は有限要素法による流体解析ソフトウェアの販売・サポートを行っており、 ANSYS Fluentも、20年以上の受託計算やコンサルテーション活動において蓄積された経験を元に、技術サポートをご提供いたします。

お問い合わせ

製品一覧